Let's challenge productivity project with everyone!!
みんなで生産性アップに挑戦しよう!!
生産性バカへの道

丸1年生産性の研究に費やした、著者クリスが使えるリソースを提供!
日本語版特別ページ


「時間」「集中力」「活力」のかしこい使い方こそが、生産性向上の命運を握ります。

  この3つすべてを管理できれば、大きな変化がもたらされる。クリスは365日に渡るプロジェクトを通じて、悟り、本を書くまでになったのです。

  『世界一の生産性バカが1年間、命がけで試してわかった25のこと』は、クリスの熱き情熱の結晶です。数えきれない知見の中から25個の有益なテーマが収載されています。これらの根拠は、生産性の専門家への取材、自ら実験台になった調査結果などです。

本当に使えるネタのみをピックアップした本書は、必ずやみなさんの生産性アップに貢献してくれるはずです!

でも、実際に書かれた内容を自分のものにするには、実践することが大切。ということで、クリスが行った生産性プロジェクトを実行できるよう、日本語版特別ページを開設いたしました! 

本の番外編ともいえるこのページ。「生産性を上げたい!」とお考えの方は、すぐに使えて、生産性アップに重宝できるリソースをぜひダウンロードしてください。

クリスが提供してくれたネタはこちら! 

【生産性向上を実現するための行程表】

6カ月(26週)の過ごし方の指針がまとめられたロードマップ。生産性向上に焦りは禁物。クリスが身になるようプログラムしてくれているので、本と工程表をじっくり読み込んで、腰を据えて取り組みましょう!

【時間と活力を追跡するためのテンプレート】

本書P.65に書かれた「時間の使い方の記録ができる表」「活力レベルの記録ができる表」、P.57に書かれた「自分の活力レベルの推移が把握できる表」が入手できます。
時間と活力の状態を把握することは、生産性向上に大いに役立ちます。クリスにならって、コツコツ記録してみては!

<EXCEL版>
(1)「時間の使い方の記録ができる表(Time Log)」、(2)「活力レベルの記録ができる表(Energy log)」、(3)「自分の活力レベルの推移が把握できる表(1日分)(Your BPT)」が収録されています。


-シートの使い方 -
(1)「時間の使い方の記録ができる表(Time Log)」の使い方
●月曜日から日曜日まで1週間の記録が可能。1日24時間を30分刻みで記録できます。
●記入することは、その時間に「何をしていたか」「やらなければならないことを約何分引き延ばしていたか」。加えて、その時間帯の自分の活力レベルもMIN1からMAX10の数値で入れておきましょう。詳細は書籍P.64をご参照ください。
●もちろん、何も記入せず、表をプリントアウトしていただいても結構です。

(2)「活力レベルの記録ができる表(Energy log)」使い方
●3週間分(月曜日から日曜日まで)の記録が可能。1日24時間を1時間刻みで記録できます。詳細は書籍P.63をご覧ください。
●活力レベルはMIN1からMAX10までの数値で入れてください。
●各時間帯の活力レベルの平均値が右端に現れます。
●(2)と(3)は連動しています。(2)のシートに活力レベルを入力して出た平均値は、自動的に(3)のシートにも記録されます。その平均値をもとに、(3)の表が作成され、自分の活力レベルの推移(1日分)がわかります。
●もちろん、数値を入れずに、表をプリントアウトしていただいても結構です。

(3)「自分の活力レベルの推移が把握できる表(1日分)(Your BPT)」の使い方
●(2)で記録した活力レベルの変動をもとに、自分のBPT(活力面におけるプライムタイム)を把握するための表です。1日の中で、自分が一番活力にあふれた時間帯に重要なタスクに打ち込めば、生産性は上がります。(3)の目的は、このことを念頭に置いて、BPTを知るということです。
●詳細は書籍P.57をご覧ください。

<PDF版>
上記EXCELファイル(1)(2)同じ表が掲載されています。手書きで記入したい人にはこちらがおすすめです!

出典:http://alifeofproductivity.com/book/resources/

世界一の生産性バカが1年間、
命がけで試してわかった25のこと

ただのバカ!? だけど気になる!
「FORTUNE誌」ベスト・オブ・ザ・イヤー
ユニークすぎる教訓、てんこもり!